ハート

愛するパートナーとの安心な生活を守りぬく|HIV検査で感染を阻止

まずは症状の確認

女の人

性病は、菌の種類によって自覚症状が出にくいものがあります。そのため、悪化するまで気付かないので重症化する恐れがあります。性病検査ができる東京の病院では、性病独特の症状を知り尽くした医師が診察をし、性病に合った治療を提案します。疑いのある症状が出ている場合は、ネットで公開されている情報を元にチェックしていき、性病検査を積極的に行なっていきましょう。

性病検査では、主におりものを観察します。淋病やクラミジアだと、おりものの量がかなり多くなるため、下着を取り替える頻度が高くなります。ひどくなると下腹部が痛み出すため、早めに東京の病院へ受診をすることが大切です。カンジダの場合は、泡状のおりものかもしくはカッテージチーズのような臭いのきついおりものを出します。ただ、泡状で悪臭が漂うものはトリコモナスが一番なので、東京の医師もすぐに分かります。逆に性器周辺だと、かゆみや痛みを感じる性病にトリコモナスやカンジダ、ヘルペスが挙げられます。強烈な痛みを伴うものは、性器ヘルペスの他に淋病があり、悪化すると排尿ができなくなります。梅毒の場合は太ももの付け根にあるリンパ節が腫れますが、中々異変に気づきません。この梅毒は第二期に突入すると全身に出来ものが出現します。さらに性器や唇、肛門と至るところにしこりを作るため、こうなってしまう前に性病検査を東京の病院へ受けましょう。性病検査を積極的に行なう場所では、最短一日で結果を知ることができ、しかも匿名で申告可能です。周りの目が気になる方も、東京の病院なら診察全て個室完備にしていますし、駅に近い場所に位置していますから、来院しやすいでしょう。

Copyright© 2016 愛するパートナーとの安心な生活を守りぬく|HIV検査で感染を阻止 All Rights Reserved.