ハート

愛するパートナーとの安心な生活を守りぬく|HIV検査で感染を阻止

病気について知ろう

医者

エイズ検査は、保健所や病院で受けることができ、料金がかかりません。また、匿名で検査を申し出ることが可能なので、プライバシー侵害もありません。近年は検査対象者が鉢合わせにならないよう工夫しているところもあり、昔よりもエイズ検査がしやすくなっています。エイズ検査の主な流れは、スクリーン検査をし、陽性が出た場合はふるいにかけるという意味で再検査を行ないます。陽性反応が出た瞬間顔が青ざめますが、偽陽性であることが多いのでそこまで気負いする必要はありません。万が一エイズに感染していても、今の治療法なら発症を未然に防ぐことが可能です。ただ、エイズ検査で厄介なウインドウ期は極力避けたいところです。このウインドウ期間中はエイズ検査をしても陽性か陰性かがわからないため、通常は疑いのある性行為から感染まで四週間経過していることが正確な結果を出すタイミングになります。そのため、エイズ検査を行なう場合は、極力ウインドウ期を避けることが大切なのです。

エイズ検査の方法は、通常検査と即日検査の二つがあります。即日検査はその日のうちに結果が分かるもので、保健所によっては受けられる曜日が定められているか、もしくは予約制である場合があります。一方、通常検査の場合は結果が出るまでに数週間かかるので、そわそわした日々を過ごすことになります。すぐに結果が分かる即日検査は、そわそわしたくない方から選ばれている人気の検査タイプになる他、早期発見ができるのでその点でも多くの方が利用しています。

Copyright© 2016 愛するパートナーとの安心な生活を守りぬく|HIV検査で感染を阻止 All Rights Reserved.